検索
  • くまもと復興国際音楽祭 坂本一生

秋の音楽祭!ケント・ナガノが指揮!

更新日:7月4日


くまもと復興国際音楽祭。

詳細が固まってきました。

なんとケント・ナガノさんが指揮されます。熊本のためだけの来日です。

この世界的なマエストロの祖父が熊本県山鹿市の出身です。

その縁もあって2019年11月にちょうど来日中のハンブルク・フィルのメンバー25人と山鹿市の歴史的な芝居小屋である八千代座でチャリティーコンサートを開いてくださいました。

まだまだ世界中で大変な状況ですが、この音楽祭が新型コロナからの復興の一助になれば幸いです。


=音楽祭概要=


◆主な演奏家

指揮者

ケント・ナガノ(世界の巨匠、ルーツは熊本県山鹿市)

三ツ橋敬子(日本人女性で初めてN響定期を指揮)


オーケストラ

九州交響楽団+ハンブルク・フィル・メンバー

くまもと復興国際音楽祭管弦楽団


期間

2021年9月30日(木)〜10月3日(日)

八千代座(山鹿市)熊本県立劇場、ほか


◆主なコンサート *現時点で決定分のみ

2021年

9月30日(木)

ケント・ナガノ指揮

九州交響楽団、ハンブルク・フィル・メンバー

ヴァイオリン:篠崎史紀(音楽監督、N響第一コンサートマスター)

ヴィオラ:ナオミ・ザイラー(ハンブルク・フィル首席奏者)


シュテファン・シェーファー/YAMAGA(2020年作)

*作曲者シュテファン・シェーファーさん(ハンブルク・フィル首席コントラバス奏者)も来日

モーツァルト/ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲K364

ほか


10月1日(金)

熊本県立劇場

ケント・ナガノ指揮

九州交響楽団、ハンブルク・フィル・メンバー

ヴァイオリン:篠崎史紀(音楽監督、N響第一コンサートマスター)

ヴィオラ:ナオミ・ザイラー(ハンブルク・フィル首席奏者)


シュテファン・シェーファー/YAMAGA(2020年作)

モーツァルト/ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲K364

ほか


10月2日(土)

千田聖母八幡宮

ケント・ナガノほか

シェーンベルク/月に憑かれたピエロ

ほか


10月3日(日)

熊本県立劇場

三ツ橋敬子指揮

くまもと復興国際音楽祭管弦楽団

ベートーヴェン/交響曲第1番

ほか


*チケット情報ほかの詳細は後日お知らせします。

*新型コロナウィルスのため予期しない変更の可能性がございます。最新情報にご注意ください。当ホームページからメルマガ登録ができます。

1,503回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

音楽祭、残り2つとなりました

9月30日から10月3日まで4日連続で開催したくまもと復興国際音楽祭の4つのコンサートが終わってはや1週間が経ちました。 お客様から多くの感想を頂いています。それぞれのコンサートをお楽しみいただけたようです。 8月に感染が急拡大して、出演者・曲目の変更を余儀なくされお客様にはご不便をおかけすることもありましたが、皆様のご協力でここまで開催できたことに心から感謝いたします。 あとは22日と23日に人

フィナーレに出演する小学生

10月3日のフィナーレに出演する小学生の団体が決定しました。 「五福風流街ウインズ」 です。 とっても素直で素敵な演奏をしてくれます。 =団体紹介= 五福風流街ウインズは、
五福小学校の子ども15名で活動している地域バンドです。 「演奏は人格」 「音楽は思いやり」 「ご飯は3杯!」 が私たちのモットーです。
練習の時と、 遊んでいる時のみんなの顔つきは、
とても違います。 集中して音を創ったり聴い