検索
  • くまもと復興国際音楽祭 坂本一生

音楽祭、残り2つとなりました

9月30日から10月3日まで4日連続で開催したくまもと復興国際音楽祭の4つのコンサートが終わってはや1週間が経ちました。

お客様から多くの感想を頂いています。それぞれのコンサートをお楽しみいただけたようです。

8月に感染が急拡大して、出演者・曲目の変更を余儀なくされお客様にはご不便をおかけすることもありましたが、皆様のご協力でここまで開催できたことに心から感謝いたします。

あとは22日と23日に人吉で行います熊本豪雨復興記念コンサートを残すのみです。*二日間とも完売です。


◯三ツ橋敬子さん指揮する九響の2つのコンサートでは、ハンブルク・フィルのシュテファン・シェーファーさんの”YAMAGA”の神秘的とも言える美しさ、マロさんと塩貝さんという師弟共演のモーツァルトの楽しさ、ハイドンの「告別」の素敵な演出(アイデアはケント・ナガノさんです)、ベートーヴェンの「田園」の美しさ!が印象に残ります。


◯N響メンバーのカルテットはマロさんたちのお話が会場中を包み込み、ドボルザークの「アメリカ」の素晴らしい音楽を堪能しました。


◯3日のフィナーレでは、入江一雄さんのラフマニノフ、N響メンバーのカルテットも加わってのシューマンのピアノ五重奏曲がさすがの素晴らしさ。そして三ツ橋敬子さん指揮するくまもと復興国際音楽祭管弦楽団のエネルギーあふれるベートーヴェンの交響曲第1番。アンコールのG線上のアリアが心にしみたという声も聞きます。


マロさんが挨拶の中で「音楽には人智を超えた力がある」と言われていました。

会場のお客様とそのことを共有できたと思います。


11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

フィナーレに出演する小学生

10月3日のフィナーレに出演する小学生の団体が決定しました。 「五福風流街ウインズ」 です。 とっても素直で素敵な演奏をしてくれます。 =団体紹介= 五福風流街ウインズは、
五福小学校の子ども15名で活動している地域バンドです。 「演奏は人格」 「音楽は思いやり」 「ご飯は3杯!」 が私たちのモットーです。
練習の時と、 遊んでいる時のみんなの顔つきは、
とても違います。 集中して音を創ったり聴い

チケット発売開始

今日からくまもと復興国際音楽祭のチケット発売開始です。 インターネット、電話、プレイガイドで購入することができます。 購入方法はこちらから↓ https://www.kumamoto-irmf.com/ticket2 デジタルチケットのLivepocket(エイベックスのサービス)も使います。 https://t.livepocket.jp/t/kumamotoongakusai PCやスマホで購